まちかです!よろしくおねがいします。

烏丸まちかと申します。20代です。思ったことを発信していきます。

ランサーズで稼げないWEBライターは○滅しろ

こんにちは。まちかです。よろしくお願いします。

 

もうね。色々むつかしいの。

 

*********

 

タダでライターのなりかたとか稼ぎかたとか教えてくれっていうメールが多いから書く。

わたしは何もない中でライターになり、今はプロとして活動している。

WEB記事で年間数百万PVをとったし、企画から参加したWEBメディアもたくさんある。いろんな雑誌で記事も書いた。ビジネス誌の著者一覧に専用ページもあるし、出版社にわたし担当の編集さんもいる。

 

ここに来るまでにかかった時間は1年半ちょっとだ。

正確には1年7ヶ月と10日だ。

 

クラウドソーシングを使って稼げないWEBライターはただの消費者

特に多いのはランサーズやクラウドワークスなんかのクラウドソーシングサイトを利用していて「思うように稼げない」とか「もっと自由に稼ぎたい」っていうやつだ。

頭を冷やせ。

わたしはデザインとかプログラミング方向のクラウドソーシングがどういう状況なのかはわからないけど、ライターとしてクラウドソーシングを利用しているやつは消費者でしかない。

ランサーズ株式会社が作ったサイトを使ってくれたお礼に、ランサーズとクライアントの利益からちょっとのお金をもらっているだけだ。

もっと稼ぐとか自由に稼ぎたいとか寝言でしかない。

私企業が運営するクラウドソーシングというサービスは、運営会社(ランサーズ、クラウドワークスなど)がサービス手数料で儲け、仕事を頼むクライアントが業務のコストカットをする場所だ。

そもそもライターどうこうの話ではないのだ。

文字単価ライターに自由な未来はない

次に文字単価の話も多い。10人メールしてくれば8人は文字単価の話をしてくる。

そもそも文字単価はWEBライティングの目的(SEOで勝てる記事を書く)に適した考え方だ。

SEO記事は大抵が誰かを楽しませるでも、人生の金言になるでも、ずっと読みたいファンになる文章でもない。長さにきまりはないし、文章のうまさは不要だし、書き手の個性は死滅してていい。

検索で上位表示される。

それだけだ。

文字数とか関係ない。内容も関係ない。1記事にかけるコストはできるだけ減らしたい。

クライアントの「できるだけ損をしたくない」という考えが透けて見える。

それが文字単価だ。

その枠におさまって満足しているやつが「今は文字単価○円で、文字単価△円にしたい」とか言ったところで、そこから先があるようには思えない。

面白い記事、自分の個性が活きた記事、自由に書いた記事。

そういうのは文字単価で換算しない。

文字単価に囚われた文字単価ライターは「SEO対策記事」だけ延々やっていればいい。

 

自分の文章に価値があると勘違いするな

WEBライターを名乗りながら稼げない個人事業主をしているやつに限って、自分の文章に価値があると勘違いしている。

稼げないWEBライターの文章に価値なんかない。

あるのはその文章を書く時間、体。

それだけだ。

出てきた文章に価値はない。

ランサーズでライター募集しているのはだいたいがアフェリエイト系のサイトやWEBメディアを運営している奴だ。

そういう奴らはWEB界隈での経験もあるからSEO記事の書き方を知っているし、実際に成果を上げているやつも多い。

そもそもランサーズなんかでWEBライターに投げることのできる記事なんかクライアントが自分で書けるのだ。

しかしそれでは手間がかかる。だったら誰でも書けるSEO記事は書き方だけ教えて誰かに描いてもらったほうがマシだ。

稼げないWEBライターの文章に価値はない。

価値があるのは体と時間を差し出してくれることなのだ。

クソつまらない記事の作成に。

 

はっきり言えよ。「わたしには知識がありません」って

たまに酔狂でメールを返すことがある。

その時に聞くのは、「WEBで見れる記事を教えてください」だ。すると型にはまったアフェリエイト記事が帰って来る。素直に提示するだけマシだが、読む気力も失せるような駄文が並んでいる。

帰って来る記事で多いのはIT、お金(株、クレカ、投資)、医療、旅行、美容。

この辺りだ。

そしてどの記事にも専門性のかけらもない。ちょっとネット調べたら専門家の個人ブログでもっといい記事がある。

「専門分野は何ですか?」

「医療です!」

 

頭冷やせ。

お前程度の医療記事なんて誰でも書ける。専門家に失礼だ。

それで現状に不満を言うとか詐欺師かなんかなの?

はっきり言えよ。

「わたしには知識がありません」って。

 

 

何より頭を使え。

頭を使え。

思考停止するな。

「文字単価が上がりません」

クラウドソーシングは稼げません」

「WEBライターとして食べていきたいです」

 

本気で稼ぎたかったらそんな現状報告、感想文はいらないからどうやったら稼げるライターになるか考えろ。

 

同じ池の中で他のたくさんの魚にかこまれてたまに餌を見つけたら「まだまだ自分はできる」、そんな面白くない考え方捨てろ。

 

知識を付けろ。

世界を見渡せ。

何が自分の仕事につながるか考えろ。

 

自分の頭で考えることのできない奴は食いつぶされる世界なんだ。

一つの枠にとどまり続ける奴はそこで飼い殺される世界なんだ。

 

本気でライターを目指すなら安住の地はあると思うな。

常に自分を更新し続けろ。

変化のない奴の書く文章、発する情報に価値はない。

 

最後に

それでも

それでもクラウドソーシングが存在すること、WEBライターという職業があることで救われている人もいる。

それは間違いない。

そこは否定しないし、そういう側面は本当に大切だと思う。

だから言いたい。

本当に苦しい思いをして取り組む仕事はもっと自分を苦しめるんだと。

 

だから提案したい。

まずはみんなでクラウドソーシングサイトにある1文字1円以下の仕事には手をつけないようにしようじゃないか。

 

今は圧倒的にクライアント側の市場だ。当たり前だ。ランサーズにお金を出すのはクライアントだ。

サービスもクライアント側に優位に設計されている。

(「報酬10000円以上!」みたいな文字が検索結果に表示されるのなんかその典型だ)

 

もちろん、WEBライターが書いた記事が本当に1文字1円以上の価値があるかはわからない。

だけど、WEBライターが1記事を書くのにかけた時間には正当なお金が支払われるべきだ。

書くのが早い人、書くのが遅い人、両方いる。

だけど1文字1円であれば、最低レベルの人でもある程度納得のいく金額になるはずだ。

それに現状のままでは、文章が発生させるお金(成果報酬型広告や通常広告で稼げるお金)とWEBライターが受け取るお金の不均衡が甚だしい。

 

まずはクラウドソーシングサイトから1文字1円以下の案件を消滅させる。

そして最低限の生活が保障されるレベルの仕事をクラウドソーシングで受ける(もちろんそれは一日3時間で20万!とか馬鹿げた話じゃなくてもっと現実的に考えて欲しい)。

 

そうしなければ多くのWEBライターにとって成長する機会はない。

いくら知識をつけろと言っても知識をつける時間すらないのが現状なのだから。

 

このままだと永遠に「1ミリも稼げないWEBライター」という存在はなくならない。

 

もちろんクライアントも私企業や利益を得たい個人だ。

そこを納得させることは難しい(ただし。最低賃金レベルにもならない依頼が多すぎるけど)。

だったらこちら側から行動すべきだ。

 

「0.数円の仕事がなくなったら悲しむのはWEBライターだぞ!」とかいう人もいるかもしれないが、そもそも0.数円は過剰な搾取なので、そこが消えたからってライター側が仕事にあぶれることはないと確信できる。

そして仕事を選ぶことでクライアント側も報酬を上げなければならなくなる。

第2第3のランサーズも出てくるだろうが、最低報酬を固定させればいいだけだ。

 

本当に苦しかったら、まとまって行動すべきだ。

 

クラウドソーシングという仕事のモデルはとても素晴らしいと思う。

多くの人に生活への希望を生み出してくれる可能性がある。

(どっかの誰かみたいに社会インフラとか馬鹿げたことは言わない。にしなんとかさんとか)

 

 

だから変えて欲しい。

 

だから。

自分たちの力で変えるべきだ。

 

 

 

 

ありがとうございました。まちかでした。

 

※わたしが1番好きな色は緑です。赤色も好きですが4番目くらいです。

 

 

 

まちか、占い屋さんへ

こんにちは。まちかです。よろしくお願いします。

 

今日、朝から池袋に行きました。

用事を済ませて喫茶店に入って一息ついている時に、ふと、最近ずっと悩んでいた不安が頭をよぎりました。

いや。常によぎってます。

 

会社が大きくなる、新しい会社の取締役になる、とにかく何かが大きくなってる

もともと人の中心にいるとか、そういうことをしてこなかった人間です。わたしは。

どこかにいくにも人の企画に乗っかるか、はたまた1人で行くか。

自分で企画することは自分だけでやれる範囲のことばかりでした。

そっちの方が圧倒的に気楽だし、計画に無理があってもまあどうにかなります。海外旅行とかその典型で、これまで100カ国は回りましたが、人と一緒に行ったのは1度きりです。

 

しかし、独立して2年が過ぎて、気づくと個人事業主の屋号は会社に変わり、なんかわかんない間に一緒に働いてくれる人がいたり、色々あったりでちょっとずつ会社が大きくなってきました。

自分だけでやってた時は気楽だったのですが、こうなると色々責任が生まれます。

そして来週には新しい会社の代表になります。まあ共同代表なので、ちょっと安心しているところはあるのですが、怖いです。動くお金の規模があれなので、ビビってないって言ったら嘘になります。

わたしは地方の小さな家に生まれた普通のひよこです。

ピヨです。

 

でも今目の前にあるのは、普通のひよこなら見ることのない景色です。

どこで何が起こりどうしてこうなったのか。

最近、その大きすぎる謎の圧力に頭が痺れていました。

 

「池袋 占い」

気づくとスマホの検索欄に「池袋 占い」と文字が打たれていました。

次の瞬間にはgoogle mapでサンシャイン付近の占い屋さんの評価を見ていました。

 

もう抗うことのできない力に流されるままにわたしは「占いが自分を救ってくれる」「どういう結果でも先のことがわかるのは素敵じゃないか」「万が一よくないことが起こる未来でも、回避できるすべはいくらでもあるはずだ。知ってれば」

「そういえば歴史上の偉人たちも占い師をメンターにしてた人が多いしな」

 

という自己肯定が始まっていました。

大きすぎる不安の前に人間は無力なのです。

 

占い屋さん

意を決して占い屋さんの前に来ました。

評価が一番高かったところです。

普段はあらゆるものを否定し、人の意見より自分の直感

そういう風にやって来たのに

ここに来て占いに希望を見出し、その占い屋さんの選択にはどこの誰ともわからん人の適当な口コミにすがっている自分がいたのです。

 

わたしはまちか。

しかし。

ここで踏みとどまりました。

そうさせてくれたのは、ここまで運んでくれた名前も知らない人たちの口コミです。

 

 

Aさん ★★★★

「親身になって悩みの相談に乗ってくれます!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「親身になって悩みの相談に乗ってくれます!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「親身になって悩みの相談に乗ってくれます!」

 

 

 

 

 

おい!

悩みの相談じゃねーよ!!

 

将来何が起こるのか教えろよ!!

 

そういえば、熊本で占い師やってる友達が言っていました。

「占いってカウンセリングだよ。まあ最初は厳しく言ったりするけど、最後はわかってる。大丈夫に持ってくから」

 

いや。そうだよね。資本主義の社会ではあらゆるものはその特性を抽出しそれに必要とされる最大の特性だけを残して行くのが効率的にお金集めれるからね。

将来を見通すことが明らかに不確かな以上、残るのは「安心を与える」って部分だよね。

逆にさ、そういう「安心を与える」っていう占いが一般的になってしまって、みんながそれに気づきだした頃には

細木数子とか「本音で言うわよ覚悟して」の「母」系占い師が流行ったよね。

そうだよね。

 

うん。

 

だいたいさ。恋愛占い多過ぎ

だいたいさ。わたしが入ろうとしてしまった場所は人気の占い屋さんだったみたいだけど、並んでいるのは若〜い娘さんばっかり!

みんなキラキラしてるよ。

 

「悩んでるけど、それが楽しい!」みたいな恋に恋した顔しやがって。けん!

わたしは本気で悩んでるんだぞ!

仕事がうまく行くのかどうか。

 

そんな悩みをぶつけることのできる場所じゃないのは明らかじゃないか!

どうしたんだよ!自分!

 

だいたいなんだ!

キラキラ女子が並んでいるところに一緒に並んで、いざ自分の番が来たら

「あの…まちかと言います。仕事がうまく行くかおしえてください…」とか

ちょっと暗めに言うのかよ!

 

あ!?

 

なんだよ、在籍してる占い師の名前は

シェ○ーとかマーガ○ットとかマドレーヌ○子とかだぞ!

お前が「あの…」とか言って、「資金の調達は間に合うので当面のお金の問題はないんですが、継続性はどうですか?」とか言う相手が

金髪のカツラかぶったマドレーヌ○子かもしれないんだぞ!!

 

タロットカードくるくるされだして「1枚引いてください」とか参加を強要される可能性もあるんだぞ!

頬染めながら「じゃ…これで」とか引くのかよ?

あ!?

 

それで引いたカード次第では、周りも「ちょっとあの人!」「まぁすごい!」

とかなるかもしれないんだぞ。

 

 

そんなの耐えられるかよ!!

 

 

とか思って素直におうちに帰って来ました。

 

相談にはふさわしい相手がいるはず

何事も適材適所でやってるわけだよね。

だったらそう言う相談がふさわしい人もたくさんいるわけだよね。

あらゆることで1人の人の声しか聞こえなくなったらおしまいだと思うんだよ。

必要な部分は必要な人に。

そうありたいよね。

 

 

 

あれ?(プr…)

 

ん?(プロブ…)

 

まあいいか。

 

 

ありがとうございました。まちかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

某プロブロガー氏まわりのこと

こんにちは。まちかです。よろしくお願いします。

 

とんでもない火の粉を被りそうだから色々注意したいけど、

詐欺まがいの情報商材屋さんが姿を変えただけのビジネスモデルの怖さを知って欲しいのと界隈に興味があるのでちょっとづつ書きます。

 

 

サロン系自称プロブロガー人生哲学下衆真面目ちゃさん(長いので、以降「サロンちゃさん」にします)まわりの色々な情報です。

現在、サロンちゃさんは某プロフィールの自己顕示欲爆発サロン系自称無職さん(長いので以降、Rとします)と組んでサロンを運営しています。

新しく開催されたサロンは「すでに取り込んであった信者からのさらなる巻き上げ」であることは間違いないか?

証言

  • Rとビジネス経験のある方→加入後脱退

「明確なビジネススキルなどに関する話はなく、大学の延長的なノリ。元からいる知り合いの集まりで具体的な活動はなく、伸び白も感じなかった」

  • サロンちゃさんのセミナーに参加したことのある方

「サロン立ち上げの際にリマインドが来て、『これからの時代はこれです!』との煽りが激しかった。正直言って直接あった時にも魅力的ではなかったのでお断りを入れた」

 

この辺の証言は証言者さんとのやりとり含め全部載せたいところですが、

タイミングや本人身バレの危険性もあるので色々隠しながら考慮して小出しにしていきます。他にも多数寄せられています。

 

サロン募集状況

6月14日現在。

6月5日時点での募集状況と変わらず。29/50

残り21人。

f:id:macska23:20170614163937p:plain

▲画像はサロンちゃさんのブログ内から飛べる場所からです。わからなかったら聞いてください。教えます。
荒っぽい考察
  1. 50人分の購入欄が二つ用意されているが、画像以外のもう一つは5日時点で完売だった。おそらくリマインドメール等々による集客で埋まったと考えられる。信者ビジネスしゅぎょいね(^q^)
  2. ただし、初期の50人の中に入っていた人物からの脱退報告も上がっているので、実際に稼働しているのが何人かきになるところ。
  3. 画像の方は5日時点と変化なし。残り21人の募集。新たな信者獲得に苦戦している模様。

 

ちなみにラインメルマガ

 

■本文:300文字

※「これからは○○○○○○○ーーーーーー!」等の中身のないテキストも大いに含む

■サロンへの入会誘導:同じく

 

R、ある日のメルマガにて紹介している本。

 ※色々考慮してリンクを外しました。(2017年6月14日 17:27)

  • 定価約3000円のビジネス系書籍
  • アメリカの本を翻訳したもの(らしい)
  • 出版社はそっち方面(情報ビジネス)で有名なところ

うん。そうだよね。そうだよ。そう。

別に本を紹介することが悪いとか、この本が悪いとか、そういうのを言ってるんじゃない。

ただビジネスモデル的には全く同じだよね。

そういうことを言いたかったりするの。

 

ちなみに、次回予告

続報も何もないハイパーリバ邸。

ブロガーたちの「優しさ溢れる様子」「人と人との繋がり」「誰でもおいでよ!」という言葉を信じた人たちの現在とは。

 

本当に困って最後にハイパーリバ邸を頼った人が

ハイパーリバ邸側(サロンちゃさん在住)から、「ブログは?」と突きかえされる事態が発生しているようです。

 

「第3の居場所を作ります!」との理念はどこへ?

 

その辺りも取材進めてます。

 

 

ありがとうございました。まちかでした。

 

 

 

 

【悲報】まじまじパーティーの女さん、我慢の限界

こんばんは。まちかです。よろしくお願いします。

 

 

あのね。

まじまじパーティーのあんちゃさん。

とってもすごいの。

信者は強固なの。 

まじまじパーティーの女さん、フォロワー20人のまちかを無視できなかった

今日気づいたら、まじまじパーティーさんにtwitterブロックされてましたにゃ。

まだフォローもしてなかったのに…。キャナしいの…><!

SNS苦手で全然影響力もないのに…。キャナしいの…><!

 

わたしにも「アソビまくる人生!」を楽しませて欲しいの!!

 

(笑)

 

まじまじパーティーさんも最初はそうじゃなかったはずなの。

界隈と深い仲になってから、あっという間に堕ちていくさまがちょっとだけ涙を誘うよね。

 

そして、「界隈」にいる人たちの相変わらずの耐性のなさはインターネッツにどっぷり浸かってた身としてはとっても微笑ましいの。

 

VALU関連で本当にアホさ加減を露呈して、真面目にビジネスしてるネットの切れ者さんたちに刺されたのが痛かったみたいなの。

 

cslbook.com

 

mecchanikukyu.hatenablog.com

 

わたしは頭ゆるゆるなので、VALUとか意味不明なのだけど

 

人生哲学(笑)女ブロガーさんの「ありがとうをTwitterで返します」の画像を見たときには正直震えがきました。

 

「おわ!このお方、冗談抜きで本当に頭ゆるゆるやでぇ…」てな感じです。

 

なんかいいぞー^^

 

 

顔出しブログっていうとっても怖いインターネッツ

あ、そうだ。

ツイッターってブロックされてもあんまり意味ないのね(物理)。

その辺りはみなさんの方が詳しいと思うけども。

もう文字通り筒抜けなの(物理)。

そして相変わらず、ネット上の他のオープンソースにもアクセスし放題なの。ましてや顔出しで炎上を仕掛けるような愚行をしている人は、もう個人情報だの何だの大変なことになってるの。

別にまちかはそれで何かをするってわけじゃないけど、今盛り上がってる「VALU」とかしっかりしないと「ありがとう」だけじゃ、自称プロブロガー界隈は「詐欺師の集まり」みたいになってるからね。

プライベートを切り売りしている顔出しブロガーさんが心配なの。

だいたい顔出しでストレス溜めながら蔑まれる記事書いて、たかだか月々数万〜数十万円のお金をもらうとかはっきり言って狂気の沙汰なの。

とっても怖いインターネッツなの。

良い子のみんなは絶対に真似しちゃダメなの。まちかとのお約束なの。

 

VALU関連の失敗はでかい

はっきりとわかるよね。

VALU関連の失敗はでかいって。

 

信者さんの中にも離反者が出てきてるの。

これはきけるよね。わかるよ。

 

銭ゲバたちはどうして目先にあるちょっとの利益に飛びつこうとして大きなものを失うのかな。

「お金は信用を具現化したもの」 byまじまじパーティーさん

ビジネス書に書かれた誰かの言葉を理解する力もなかったようなの。

文字通りのリテラシーの無さって悲しいの。

 

顔出し炎上サロン系ブロガーという生き物

顔出し炎上サロン系ブロガーという生き物はね。

生きていくだけでかなり貴重なリソースを食いつぶし続けるの。

それはネットの世界にいるリテラシー低めの人たちなの。

その層はある程度。うん。世の中から完全にいなくなることはないけど、複数の銭ゲバで取り合うには少なすぎる数なの。

そんでもって、今回みたいな触れちゃいけない騒ぎがあれば、ネット上には顔出しさんたちの悪行が蓄積されていくの。

そうなると、餌を捕るのは一苦労になっていくはずなの。

いろんなレベルでいろんな人がプロブロガーの悪事を書いてるから、さすがにどっかにひっかかって欲しいの。わたしもその一端を担うの。そういう気持ちよ。

 

ちなみに自称プロブロガーたちに食われてる餌さんはこの本を読んでお勉強してね。

 

 

 

 

 

ありがとうございました。まちかでした。

 

**お知らせ**

 

自称プロブロガーの方に関する情報は随時おまちしております。

macska.karasuma@gmail.com

までご連絡ください!

必要があれば取材にも行きます。

よろピコ!

 

******

 

100年の恋が冷める瞬間

おはようございます。まちかです。よろしくお願いします。

 

ホリエモンの多動力って流行ってるけど読んでません。

話題の本は雑音が消えてから読むべし。それでも遅いなんてことないから。

色々な意見に振り回されて本が伝えたいことを誰かの言葉に置き換えて理解してしまうよりも、自分の言葉で自分の中に蓄積できるように頑張るの。

そういう読書もありだと思うの。

 

たくさん動く

たくさん動くの。それはほんとうにたくさん。

だけどしっかり結果を重視するの。

最近、意外と、多いのだけど。

動きの速さ、動きの多さはいいんだけど、結果についての検証とか結果へのこだわりとかそういうの薄い人が多いと思うの。

これはね。小さな頃の影響もあるんだけど、何事かを継続したりやり遂げたりしたことによる「結果」。これに出会った経験が乏しいの。だから思考は21世紀型の思考だけど最後の部分が弱い人は結構いるの。

そういう人には読書がオススメなの。

しっかり読めば

「ユリーカ!」の連続で、やり遂げた経験を集めることができるの。

たくさん動きたい人ほど、たくさん本を読んで。

 

そうすると結果が出ることも怖くない。結果の出し方もわかるはずだから。

 

お金の使い方

お金についてさ。

お金は使いなさい!って聞くの。

しっかりつかえば戻ってくるって。ビジネス誌とかでお金持ち特集をやると、みんなそういうよね。

それはほんとうなのね。

ただね。意外なことにね。

この「使う」の意味を勘違いしている人も多いの。嘘みたいな本当の話。

お金を使いなさい!は何も「消費しろ」って言ってるわけじゃないの。

いうならば「投資しろ」って言ってるの。ほんとうに当たり前なのだけども。

 

「あの服が欲しい!」は消費。誰かが作ったものを買うの。

「こんな服を作りたい!」は投資。誰かに作ったものを買ってもらうの。

全く別だよね。

 

学校は綺麗な球を作る場所

今のところさ。学校は綺麗な球を作ってるの。それは綺麗な綺麗なたま。

もうまん丸。でもよく見ると小さな傷が入ってて、綺麗な球は綺麗な球であるほど。

小さな傷で割れてしまう。

でも、毎日、毎週、毎月、毎年。ずっとずっと。いびつな球は磨き続けられる。最初はみんな違う形をしてるけど、そのうちみんなおんなじ顔になっていく。「早く並びなさい!」。誰から見てもストンと収まるように。

でも本当はみんなギザギザ、イガイガした金平糖みたいなもの。同じ形はないの。ストンと収まる球は、みんな同じ場所に集まるの。坂道に沿って、みんな一箇所に集まるの。でも金平糖みたいないびつな形は、どこかに引っかかるの。何かに引っかかるの。

それがどういう場所でそうなるかはわからないけど。

 

天才は才能とか頭脳とか、そういう天才じゃないの。

天才っていうのは小さい頃に誰よりも愛を受けた人のことなの。

子どもはみんな「天才」になれる可能性を持っているの。

 

おんなじ顔に磨くのは大人の仕事なの。割れやすい小さなたまにするの。

 

100年の恋が冷める瞬間

100年も恋してたら。それは愛に変わってるの。

量は質に転化するの。

恋は生命力に溢れながら、強さはないの。

愛は力の漲りは感じないけど、折れないの。

愛が冷めるには、それ相応の理由がいるの。

一番大きなことは「ウソ」の存在。

他の何が許せても。ウソには全部を壊す力があるの。

培った時間。全ての時間。大切にするのは、相手を大切にすることなの。それは。相手にとって、真実であることなの。

真実は辛くてもいつか受け入れることができるの。

 

ロマンチスト

ロマンチストであることは、人生を2倍生きる秘訣。

どんなことでも、嬉み、悲しみ、両方で大きな感情を見つけることができる。自分の中に。

物語を読んで、主人公にも、主人公のライバルにも、永遠の敵にも。

全てに輝きを見つけることができる。

そういうもの。

マチストであることは、人生に何かを重ねること。

 

文章ってむつかしい。

文章はむつかしい。むつかしすぎて、思考を止めたくなる。

人間の思考は目には見えない。

でも。

文章を書いていれば、自分の思考の動きが目に前に迫ってくる。逃げることのできない思考のうねり。

それは書くことをやめさせない。自分の意思と何かの意思。書くとをやめさせない何か。気持ちと体の動きにミスマッチが生まれる。

そこから無理に楽になろうとすると、目の前の文章は崩れ出す。

文章と向き合うことは、いつもどこかで何かを強いているのかもしれない。

 

 

つかれたー!

 

ありがとうございました。まちかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんちゃさん。ヘイト集めすぎですよ! >_< ヨクナイ!

f:id:macska23:20170608203643j:plain

▲北海道の顔出しブロガーに興味津々の北海道の子どもたち。まさに裸の王様。

画像はこちらからお借りしました。https://pixabay.com/ja/子供-大人-幸せ-色-カラフルです-ホワイト-冬-雪-表示-507756/

 

 

こんばんは。まちかです。よろしくお願いします。

 

とある公的機関に勤めていた方から聞いたお話なのですが、

諜報活動の基本はオープンソースの情報全て目を通すことらしいです。

その方はアジアにある某国に対応するための組織におられたのですが、活動は9割9分が新聞を読んだり、ラジオを聴いたり、テレビを観たりだったそうです。

つまりですね。

 

会社を辞めて人生哲学をしていれば情弱な信者が囲ってくれる女ブロガーさんのサロン周りを攻めるには、twitterをフォローしたり、ブログを定期的に読んだり、LINE@に登録したりすることが必要みたいです。

 

まあね。そこまではめんどくさいのでやりません。

お金になればやるんですが、お金にならないのでやりません。

 

ちなみにですね。

この件に関して、わたしは完全な自分自身の信条で動いているのです。

いや。人間的な信条と言うよりも、子猫を守る親猫の気持ちです。

にゃおんです。にゃおん。

 

着々と情報が集まる

でもですね。

そうこうしているうちにね。

人生哲学(笑)系女ブロガーさんの情報が次から次に集まってきているのです。

 

情報の提供者は様々なわけですが、現時点で15件くらいの情報が集まっているのです。それもかなり女ブロガーさんに近いところから。

 

界隈に所属する自称プロブロガーさんたちのビジネスモデルを考えれば、この囲っているはずの15件は実は結構まずいと思いますよ。

 

やっぱりですね、

自称プロブロガー側に「騙して金をむしり取ろう」以外のメンタリティが見えないビジネスモデルはですね、

本来であれば信者化して石田(注意!石田のリンクはイケダハヤトさんのブログに飛びます)みたいになるまで徹底的に搾り取りたい相手であるはずの人たちに、かなりのヘイトを蓄積しちゃってるみたいです。

 

それがわたしのところに集まってきている感じなのです。

 

あんちゃさん。

そろそろですね。

言動の不一致を見直した方がいいかもしれないと思うのです。

言動の不一致というか、モラルなく他人を踏み台にするところというか。

「ゲスを名乗りながら実は芯のある」とか「女の強さを持ってる」的なブランディングをしたいのでしょうが、今のままでは本当に…ただの人間的に下衆で中身のない女です。

 

そういう人が「内面の美しさ」的に語っててもね、

はーん。ナルシスティックになっちゃってるなぁ

としか感じることができないのです。

 

 

中身が空っぽの女になってしまう。

あなたに言われるまでもなく、割と皆さんに知っておりますし、

そのままあなたにブーメランになりそうで心配しています。

提案ですけど、またツイートを消していてはいかがでしょうか?

ブーメラン系は後からほじくられると痛いですよ!

 

 

ちなみに…

あなたと一つ屋根の下で過ごしながら良心の呵責に耐えられなくなった宮森はやとさん。

彼は30にしてこんなことになってますよ。

 

ごめんなさい。‬

‪正直、ぼくは一生分の喜怒哀楽の感情を味わいつくして、完全に満たされた感覚に陥っています。‬
‪しかも、それで死にたくなっています。‬

 

‪もう他人から充分すぎるほどの賛辞や最大級の尊敬を受けた自負があります。

逆に、一生分の批判もされたり、狂おしいほどに他人から憎まれもしてきました。‬

‪また、大会社を作りたいとか、大金持ちになりたいといった野心も一切無いし、望んでません。‬
‪これ以上自分を人間として成長させたいとかインフルエンサーになりたいという欲求もありません。‬

 

‪この数日間いつ死んでもいいっておもっちゃってます。。。これをとてもやばい状態に感じています。‬
‪本当に人に恵まれてきたし、人の優しさにも触れてきたし、数えきれないほど感動できたし、充分幸せで。‬
‪幸せで死にたくなるって頭おかしいだろと思われても仕方ないです。‬

 

‪こんなこと誰にも吐けないし、ただ、書かないと頭がおかしくなりそうなので書きました。‬
‪このブログがぼくの本音を吐露できる、唯一の場所なのでどうか許してください。‬

 

▲なんかブログのタイトルが本人でもどうしようもない感じを表しているようで涙を誘います。引用元はこちら。http://www.miyahaya.com/entry/2017/06/07/221024

 

はやと!!

幸せな奴はこう言うこと書かないよ!!

 

 宮森氏が本当に心配です。

 

30すぎた人をここまで苦しめてしまう顔出しブログって一体なんなのでしょうか?

 

 

 

ありがとうございました。まちかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【あんちゃの人生哲学(笑)】残念だけど大人には相手にされないよね。

こんばんは。まちかと申します。よろしくお願いします。

 

東京の夜風が気持ちよすぎて仕事がはかどります。

どっかの誰かは「東京は消耗する場所」とかいってるみたいですが、

東京で消耗しかできずに逃げ出した人の言葉はなかなか趣がありますね。

 

女ブロガーのトップ?はあちゅ氏

著名人や正統派を除く、サロン系自称プロブロガー界隈での女ブロガーのトップはおそらく「はあちゅ氏」なのかにゃ?

わたしはそこまで界隈に詳しくないのだけれどもとある筋の情報ではそうらしいの。女版のイケハヤ的なね。

ただ、東京から逃げ出していないことを見るとイケハヤの100倍くらい根性ありそうなの。

 

で、ブログに自分の顔のドアップとか自意識が暴走しまくってるはあちゅさんだけども、まあ多分頭がいいの。逆に頭がいいから自意識が暴走しまくってるのかもしれないけども。

まあね。結構ね。実業界隈でもはあちゅのブログはチェックしてるって言うお話は聞くのね。

 

VALU関連の記事で界隈が触れている「人生哲学」女ブロガー(笑)に触れないはあちゅ

はあちゅ氏のブログを見てみたらね。ツイッターのまとめみたいなので今流行りのVALUについて記事を作ってたの。

そん中にね「人生哲学女」女ブロガー(笑)さんのことは出てこないの。

※ちなみに、「人生哲学」女ブロガーっていうのは人生哲学が趣味とかいうあんちゃさんね。趣味は人生哲学だからね。

 

lineblog.me

他の人には触れてるよ。入とか池とか梅とか津田とかいろいろ。

「人生哲学女ブロガー(笑)」さんは「valuの伸び率No.1!!」とかいってお調子に乗られているようだけども、そう言う絡みやすいところでも絡んでもらえてないの。

まあ女の争いってかなりエグいとこがあるからさ。

楽しい会席の場でも一言も話さない的な。

 

でもこれは単純に、おバカな「人生哲学」女ブロガーのあんちゃに関わることで、はあちゅ側にデメリットはあれどメリットはないというはあちゅ側の冷静かつ当たり前な判断だと思うのね。

 

大人を騙せるはあちゅ、子供(のような判断力の乏しい大学生)しか騙せないあんちゃ

結構さ。はあちゅの取り上げられ方とかみてると、やっぱり元々の賢さは高い感じなのよね。

だからかはわからないけど、わたしの周りにいるビジネスパーソンに結構人気だったりするのよ。

まあ頭がいいというのが真か偽かわからないけど、実業で活躍している人たちをファンにできているのは事実なの。

一方で、「趣味は人生哲学!」というあんちゃさんの周りには、相変わらず思考力の乏しそうな面々しかおられない感じなの。

う〜ん。やっぱり基本的な知性に差がありすぎるのは難しいよね。

そしてビジネスに知性は必須なの。うん。

ノリと勢いだけでビジネスを継続させるのは難しいから、あんちゃさんの崩壊が始まるのはそう遠くないと思うの。カウントダウンは始まってるのね。

 

 

ちなみに、仕事とは?とかよく語ってるあんちゃさんが人のリソースにタダでたかろうとする様を晒してたのは笑いどころなのかな?

面白そうなツイートをしてる人がいたのでちょっと貼っとくね。

 

 

 

う〜ん。

いかにも仕事についてビジネス書に書かれた誰かの言葉を借りて語ってるだけのプロブロガーって感じなの。

 

言葉と行動が伴わずに誰からも信用されなくなったブロガーといえば50円事件の彼を思い出すの。

 

 

 

ありがとうございました。まちかでした。