まちかです!よろしくおねがいします。

まちかと申します。20代です。思ったことを発信していきます。

ランサーズ使って5カ月で100万円くらい稼いだのでそろそろおさらばするよ

こんにちは。よろしくお願いします!まちかです。

 

ランサーズを使い始めて5カ月くらい立ちましたが、ライティングだけでまあ100万円くらい稼いだのでそろそろおさらばしようと思ったので、ランサーズに関するあれやこれやを思いっきり書きたいと思うよ。

基本的にランサーズとかクラウドワークスとかそのほか名もないようなレベルのクラウドソーシングサイトは基本的に下に説明するような構図だから、注意してくださいね!

制作物の価値が10だとすると、労働に対する対価の取り分はそれぞれこんな感じ

・運営会社(ランサーズ):運営費でぼろもうけ。取り分5割

・クライアント:外注でコストカット。取り分3割

・ランサー(あなた、わたし):上2つに時間を切り売りする奴隷。取り分2割

どっかのとち狂った宮森なんとかさんとかが、「クラウドソーシングはインフラ!」的なことを言ってたけど、それなんか笑えるからね!だまされたらダメよ。ランサーズなどのクラウドソーシングサイトは、企業がコストカットしたくて奴隷を探している場所だからね。資本主義が行き着いた日本でNPOでもないただの営利企業がやることは明確だからね!

 

前置き終了

 

◇ランサーズにおさらばする理由

 

5カ月で100万円稼がせてくれたランサーズ様、お仕事くれたクライアント様、ありがとうございます。経験もなにもなかったのに、3カ月目くらいからあほみたいに稼がせてくれてありがとうございます。特に最後の2カ月はランサーズ様だけで60万くらい稼がせてもらいました(ちなみに30万稼いでもライティング分野での月間順位は11位が最高でした。トップ10はランサーズだけでいくら稼いでんだ?)。組織で働くのがばかみたいだと確信するようになったので、精神衛生上非常にプラスになりました。誠に有難うございました。

一応、お礼言っときました。

で、おさらばする理由はすごい簡単。ランサーズという会社自体への不信感が半端ないから。

もう周知かと思いますが、ランサーズにはランサーズの運営アカウントが存在します。そしてそのランサーズの運営アカウントはランサーズが会社として受注した仕事をさらにランサー(登録者=あなた、わたし)へ発注します。ようするに、「企業とスキルのある個人をつなぐ!」とか宣っておられるランサーズ様はその中間でがっぽり儲けておるわけです。

当然、システム手数料などは「企業とスキルのある個人をつなぐ!」ためのサイト運営に必要なものなのでそれはいいでしょう。しかし、そもそも発注者として企業と個人の間に入っているのは摩訶不思議。

「企業からもらった高っい製作費を懐に入れて、実際の製作はスキルある(かどうかもわからない)個人に丸投げ!」がランサーズ様の収益構造の本質です。

ランサーズの運営アカウントは最近おおっぴらに活動中でそのことを隠そうともしないので、まあ見ればわかると思います。

ちなみに、ランサーズではランサーズを通さないやり取りを禁止していますがランサーズアカウントからの仕事は基本ランサーズを通さない複雑なやり取りが必要なのは笑いどころなのかどうか。わたしには判断しかねるの。

ランサーズアカウントから1万円の依頼が来たら、本当は企業は3万円の製作費をランサーズに支払っていると考えていいでしょう。もしくはその倍。もうほんとやになっちゃうなぁ~……。

 

◇良いお仕事相手に巡り合えたのはほんまに感謝なの

 

ランサーズ様に感謝していることがあるとすれば、ランサーズ様のサービスを通して良いお仕事相手に巡り合えたということかしら。

もちろん、中には1文字/0.2円的なクライアントもいますが、しっかりと向き合ってくれてクオリティに対する評価をしてくれる方もおります。

と、いいますか、しっかりと話合いをしてお仕事することができれば、良いクライアント様が多い印象です。

私はランサーズでのお仕事から現在、10くらいの企業様と継続的なお仕事をするに至りました。インタビューのお仕事、広告のお仕事、コンテンツライティングのお仕事などなど、月々の合計は60万円くらいです。むろんまだまだ新規の営業先を開拓していく予定なので、ランサーズ様を利用している暇はなくなってきました。皆様本当にライターの仕事の価値を理解してくださる方々なので、私も誠心誠意お仕事ができる次第であります。本当に感謝しています。

 

◇私がランサーズ様に上納した金額について考えてみたよ

 

さて私がランサーズ様に上納した金額を考えてみます。

最終的な稼ぎの合計は100万円。ここからランサーズ様の懐に入る手数料は20万円。さらに月々2回のお振込みにかかる手数料は5カ月合計で1万円。さらにランサーズ運営のアカウントからもらったお仕事が50万円分くらいあるので、その背後にあるランサーズとしての会社の取り分はおそらくその2倍=100万円。

さて合計すると121万円なり。

いやー貢献したな。

 

◇最後に

 

たぶんランサーズは縮小していきます。今のやり方では、登録者側のメリットが少なすぎるのが問題です。おそらく多くの登録者がフリーランスとしてのお仕事にある程度のリテラシーがついてきたのではないでしょうか。むろん、主婦のお小遣いやサラリーマンの副業などはなくならないかもしれませんが、それにしたってあまりにも単価が低すぎるために、クオリティのある仕事はなかなかできないのではないかと思います。もっとも私はライティングでしか利用していなかったので、WEB開発などの分野ではまた違った形なのかもしれませんが。この辺りは詳しい方、ぜひ教えてください。

 

ってことで、ありがとうございました。まちかでした!

 

 

※ランサーズはおさらばしますが、ランサーズ関連の記事は書いていきますよ!