読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちかです!よろしくおねがいします。

烏丸まちかと申します。20代です。思ったことを発信していきます。

プロブロガーの記事の内容ってやばない(薄ない)?

f:id:macska23:20160224232306j:plain

こんばんは。よろしくお願いします!まちかです。

 

SNS弱者&めんどくさがり&あきしょうのわたしでもブログを放置してたらPVが3000くら行ってました。ちょっとびっくり。

 

検索ワードは「宮森はやと 中身ない」「宮森はやと くず」「宮森はやと うざい」「宮森はやと つまらない」「ランサーズ 収入」「ランサーズ プロジェクト 収入」とかこんなんばっかです!

SEOとかまったく狙ってないけど検索上位に表示される記事があって、「わかってんな、Google」と上から目線の熱い高評価をぐーぐる様にお送りいたしております。

※「 」内の読点の付け方は某有名コピーライターの方の本に書いていました。

ちなみに私は「宮森はやと くず、うざい、つまらない」とは一言も書いていないので、あんまり中身のないそーしゃるくりえいたー様、そのあたりはどうぞごりかいください。わたしは書いていません。

 

さて今日は巷のプロブロガーにかみつく日です。週1くらいでかみつきたくなるので、これはそういう性なのでしょう。今回の内容を簡単にまとめると次のようになりそうです。

・プロブロガーってえぐない?

・何が?→いや信者ビジネスやん。

・ええやん信者ビジネスで!→せやな賽銭箱にお金を投げ入れる音で救われるしな

・んでお前らが賽銭箱に金入れてもらってんのはなんなの?→○○○!!

・それビジネス書とか啓発本の内容をかみ砕いてお前らにわかるように書いてるだけん!

・結論。「B層が消えない限りやぎろぐは消えない」

 

1.プロブロガーってえぐない?

 

(何がえぐいかは胸に手を当てて自分自身に問いかけてほしい)

プロブロガーの代表格イケダのはやちゃんのブログを久しぶりに読みましたら、Twitterで他の人の発言を紹介しながら、「Twitterやってるやつマジいいやつ!Twitterやってないやとつは仕事できないからwww」という旨の文章をうっすいうっすいテキスト量で書いておりました。

さすがは有名ブロガー。このレベルになると中身があろうがなかろうがこんなブログで収益が生まれるんですねぇ……。

※いけっちの当該ブログ内容は社会の流動化を前提にした転職ノウハウの一環として書かれたものです。うっすいうっすいとか「Twitterやってないやつとは仕事できないからwww」とか「は○ま寄稿」ばりのまとめ表現をして申し訳ありません。でも中身はうっすいうっすいと思います。

 

次に、こないだ会社辞めたとかで話題になっていた人のブログを見ました。

この人に噛みつくのは初めてなので心配ですが、宮森なんとかさんよりは懐の広い方であることを願います。

 

今日のエントリーは「ブログ論」○ヶ月で○万円稼ぐ方法!

ありきたり過ぎて目もくらむような内容でございます。中身はおすすめのアフェリエイト紹介と、なぜかクラウドソーシングのリンクを張り付けただけ。クラウドソーシングで1カ月30万くらい稼ぐようになった私から言わせていただけば、「ブログだけで稼いでくださいお願いします」というタイトル詐欺を遠回しに批判することしかできません。

にしても内容の薄さがえぐ過ぎます……。これ以上記事を読むのが時間の使い方として有益であるのかどうか不明ですので、今回はこのタイトル詐欺チックな記事だけの評価になります。ごめんねあんちゃ様。

※ちなみにクラウドソーシングの紹介はブロガーとして「書くスキル」を得たければお金もらいながらそれをできる方法がありますよ!というものでした。にしても内容薄すぎだろおい。

 

あと一人くらいいっときたいなぁ……

(やぎろ……)

(みやも……)

 

どっちかなぁ……。

 

君に決めた!

 

 

「宮森はやと」さん

 

 

3人目はランサーズと共に当ブログのPVを約半分も確保してくれている宮森はやとさんです。

今日もよろしくお願いいたします。

 

今日のエントリーは「スタバ行く感覚で行動せい!」という若者への熱いメッセージ。相変わらずそーしゃるくりえいとしているようです。安心しました。ちなみにソーシャルを「社会的」と訳す彼に「社会的」の意味を問うと問答無用でブロックされ、そのあと彼の信者に向けて熱く晒し上げをされるので「社会的」の意味を問うことはおすすめしません。

※実名を出して晒し上げられなかったのを考えるとカッとなりやすいけどいい人だと思います。ちなみに個人的にはカッなりやすい人にいい人がいるとは思えません。

 

スタバに行く感覚で行動せいのエントリーを読み進めると、「ブログやれよ」というお話に変わり、さらに一つ上のあんちゃ様と同じように「Base」とかをおすすめしていました。どうやらブロガーはスキルのマネタイズが大好きなようです。ボリュームは比較的あったことと、まあまあの読み応えもなきしもあらず(相対評価です)。

どうやら前二人がひどすぎて「意外と宮森はやとの記事良くね?」と思いそうでしたがやっぱり中身は基本的に薄いので彼も今回噛みつきたいプロブロガーの一人でした。

ちなみにブログ内で「何冊の本を読んでも~」みたいな下りが出てきますが、彼はおそらくそれほど本は読んでいないのではないでしょうか。「本読んでたらもっと深みある人間になってるだろ」との予想からの個人的な意見ですので、気にしないでください。

 

とまあ3名の自称プロブロガーの本日の記事を読みましたが、プロブロガーえぐない?中身ないやん。ほんまに。という中身の無い感想しか出てきませんでした。

これはすでに指摘されているプロブロガーのお金の稼ぎ方に端を発するものなので、彼らは生きるために書きたくもない内容の無い記事を書き続けているのです。

 

2.中身が無いのはプロブロガーが信者ビジネスだから

 

さんざん指摘されていると思いますが、プロブロガーは概ね信者ビジネスです。無論中には信者ビジネスではない、より広く活動しているブロガーもおりますが、基本は信者ビジネスです。

 

それを証明するのは彼らの中身の無いエントリーにブックマークやSNSでの拡散を示す表示が付いていることを見ればわかると思います。仮にまったく同じ内容をわたしが書いたところでセルフブックマークくらいしか付きません。彼らには彼らを支える信者が存在しているのですね。

 

ちょっと書きたいことが変わってきました。あんまり気にせず読み進めるべし。

 

そしてこの3人を比較したときに信者ビジネスで危険性を孕んでいるのはずばり「あんちゃ」様ではないのだろうかという思いが出てきました。

 

3.アフェリエイトアドセンス(←ちがいわからん)に頼るブロガーあんちゃさんの信者は……?

 

※以下、なんの根拠もない想像です。

基本、信者にアフェリエイトアドセンスを通して購入、登録してもらって収入が発生するプロブロガーの皆様ですが、いけちゃんの信者はどうなんだろ?イケダハヤトの信者はまったく読めない。かれは炎上屋さんだからでしょうか?女子受けが悪いのは確かなはず。絵面がわる(自粛)

宮森はやとちんの信者は若者(20代後半~30代)が多そうです。男の。この辺りはお金持ってパトロン的に宮森さんを囲ってドローン少年的に楽しむこともできる層も今後多く出てきそうなので、信者ビジネスをしっかり成長させれば宮森はやとちんは割と大丈夫な気もします。

資本主義の分析を行いその後の「社会活動」に多大なる貢献をしたマルクスさんもパトロン(実家)がいての執筆活動だったからソーシャルクリエイター(日本語訳すると社会活動家らしいです。本人曰く)として頑張ってほしいと思います。

一番問題なのはあんちゃさんです。なぜかと言いますと、彼女の信者は割とおっさんが多いのではないでしょうか。写真を見た限り「かわいらしい最近の女子」って感じで、少し過去記事を漁ると過去にはいろいろと言いよられた経験もあるそうです。これは恐らくあんちゃさんの支持層として闇の深い人々がいそうです。

またおっさんの他にも20代半ば~20代後半あたりのお猿さん系男子も多そうです。

  • リアルがうまくいかず生きることに半ばあきらめかけているおっさんたち。
  • ニコニコ生放送とか大好きで「配信者の○○が超会議でオフ○コしたらしいよ」っという噂を聞いては「SNSでやれる」とか勘違いしてるリアルではマジメ青年なお猿さんたち。
  • やりもくりあじゅう

この辺りがあんちゃ様の支持層ではないのでしょうか。そうなってくるとあんちゃさんの今後が心配になってきました。

なぜならこの層はお金をたくさん落としそうには見えないからです。前者は家庭があってしかも財布を奥様に握られていそうだし、後者はそもそもお金持ってないし……。運よく囲ってくれるお金持ちのネオヒルズ族的な人が出てくるかもしれませんが、その時は……ね……?こわいなぁ……。

 

ただ一つ光明になり得るのは、あんちゃ様には女性の信者も一定数いそうなところです。若いうちは女性の支持はなかなか得られないかもしれません。男子以上に同性には厳しくなります。しかし、彼女たちが結婚し家庭を持ち、生活が窮屈に感じてきたときに今のような啓発記事を書き続けていれば、そういった女性たちを一気に信者化できるかもしれません。

そうなると夫の収入→妻の財布→あんちゃさんの賽銭箱という美しいコースが見えてくるかもしれません。

もしくは、ジェンダーを振りかざし、露骨に女性寄りにするのもいいかもしれません。そうすれば割とエッセイスト的な感じで生きていくこともできるかもしれません。このあたりは今後に期待です(てかたぶんあんちゃ様が法的に根拠のある男女間の身体及び財産の分配契約を結ばなければおのずとそうなっていくと思います)。

ちなみに広告記事の依頼も来ているようですが、1記事15,000円でそうやって生きていくのでしょうか?(社会保険とか関係ないのかな?わからんから考えるのを止めにします)

広告主がリーチしたい層とあんちゃ様の信者はマッチしているのでしょうか?大きくくくってB層だとすれば行けそうですね。また、あんちゃ様の信者をかんがみる(←変換できない)に、出会い系の広告なんかよさそうです。

「私も登録してます!」的にやれば爆釣りでしょう。

 

 まとめ

 

 

ブロガーの記事の内容がうっすいのは信者ビジネスだからです。ただその中でもどういった層を信者にするのかで今後の展開が変わってきそうです。

 

ただ、ブロガーの信者は基本的にB層の人たちが多いので、どういった信者にリーチするにしても記事の内容の薄さは変わらないと思います。この構造はまだまだ変わらないんだろうなぁ。

 

さて、気晴らしに内容のうっすい記事を書き上げたので、A層、C層にリーチする雑誌の原稿を仕上げます。

 

ありがとうございました。まちかでした。