まちかです!よろしくおねがいします。

烏丸まちかと申します。20代です。思ったことを発信していきます。

雑誌の原稿料知ってる?ランサーズは稼げない。今すぐやめるべき。

こんばんは。まちかです。よろしくお願いします。

 

新年2回目の更新です。タイトルの通りなんだけど、にしてもタイトルがひどい。

わたしならタイトルだけで絶対に見るのやめるけど。

 

イライラくるかもしれないけれど、最後まで読んでいただけるとありがたいです。

 

ランサーズ、クラウドワークス、案件が激減

これはわたしの体感ではありますが、ランサーズもクラウドワークスも案件が激減しています。

奴隷労働の案件も、まっとうな仕事の案件もライティングに関しては激減しています。理由はほぼ間違いなくどっかの阿呆な企業が大々的にやらかしたことです。

クライアントからくる招待のメッセージも

「通常のキュレーションサイトとは違う……」

「スキルある人だけに任せたいので……」

といった文言がかなり目立つようになってきました。

 

攻略ブログを始めると言ったわたしのランサーズ活用術

どっかの阿呆な企業が大々的にやらかしたことにお怒りのエントリーを書いてた方々のように、思考停止でランサーズを使っている人には思いつかない方法でランサーズを使っています。

その方法を記事にしようかとも思ったのですが、これ以上競争が激しくなるのは嫌なのでやめておきます。

おそらく本気でやってるフリーランスの方はわたしと同じような使い方をしていると思います。

まぁそれに気づかないような方々に方法だけ教えても競合者になるとは思えませんが、圧倒的に優位な立場にあるわけでもないので、そっと心の奥底にしまっておきます。

 

 結局、スキルなし人材に奴隷労働させる場所がランサーズだから

ランサーズのランサーズ公式アカウント

マガ○ニカとかランサーズ○ーダーとか。あの辺は結局動きとしては制作会社と同じことをやっているんですね。

  1. 株式会社ランサーズとして他企業(クライアント)から仕事を受ける
  2. その仕事をランサーズ(運営するサイト)を通してスキルのないほぼタダ同然で働いてくれる人に投げる
  3. ランサーズ(運営するサイト)を通して自分達が獲得した大きな仕事を細切れにして完了させ、通常のクライアントとの契約金と雑魚ライターを使って浮かせた費用と、雑魚ライターがランサーズを通して仕事をしたシステム手数料をとる。

とんでもない構図が出来上がっているんですね。

1つの仕事に対してランサーズ株式会社の取り分は3ポイントも用意されている。すっげ。

普通の制作会社ならば、その道のプロの人がある程度はいるでしょうからそれなりのアウトプットが用意されていると思いますが、ランサーズとかクラウドワークスはそんな場所ではありません。

その結果がDeNAのやつです。

 

特に東京周辺のメディア事業者様。ランサーズの営業マンが「うちで制作すればスキルフルな人材をクラウドにそーシングしてコストカットが!」とか言ってきてません?

マジでやめたほうがいいですよ。次に炎上するのはあなたの会社です。

 

意識の肥大化した自称ライターにはいいんじゃない?

それでも意識の肥大化してしまった自称ライターの方々にはちょうどいい場所かもしれませんね。仕事はなくなってきてるけど。

 

クラウドソーシングとそれを使う企業。そこで任せられる仕事はとてもじゃないけど「ライター」を名乗ることができるものじゃないのは確か。

その程度ならわざわざ「ライター」さんが書かなくても誰でもかけます。

 

古い神社を修理できるから宮大工。

DIYで犬小屋作っても宮大工は名乗れません。

 

なんとなく文章を書いてお金をもらえるから自己意識が肥大していき、「このクオリティなのにこの金額はおかしい!」とか言っちゃうようになるだけなのです。

そもそもその仕事はあなたじゃなくてもできるからクオリティとかどうでもいいの。

まあそういう人たちにとってはランサーズみたいな場所でどんどん自分を肥大させていけばいいんじゃないかな?

だっていつまでたっても他の場所じゃ戦えないでしょ。

 

その程度で「ライターやってます!」なら日本に何人ライターいんだよ。

※自称は自由なので、中身(スキル、ナレッジ)が伴うかのお話です。

 

ライター本気でやりたいなら自分の広告メディアを持ったらいいよ。

どうせランサーズで記事書いても1記事500円とか1000円でしょ?

だったらその文章を自分のメディア用に書けばいいよ。

同じことだもん。

 

どうせランサーズのクライアントが奴隷労働をさせてこようとするのなら、利用するだけ利用しよう。うん。

秘密保持契約する前にしれーっとキーワードとかだけみといて、契約しなきゃいいよ。

んで、その記事を書いて自分のメディアに乗せてなよ。時間は少しかかるけど、500円よりはお金になる日が来るから。

 

んで、空いた時間はバイトるに登録してバイトしてたらいいよ。絶対にそっちの方が稼げるから。

ちなみにバイトルでも文書作成系のバイトアホほど募集してるよ?そっちのがよくない?

月24万とか書いてるよ?

 

雑誌の原稿料知ってるか?

雑誌で文章書いたらいくらになるか知っているかい?

 

 

雑誌によるんだよ。

 

わたしが書いてる一番高いところは800文字で2万円。

一番安いところは800文字で6千円。

 

だいたいページ1枚で6千円〜2万円くらいだよ。

 

全体として高いか安いかは知りません。

ただ。ランサーズにしがみついている人をちょっとかわいそうだなぁと眺めていることのできる場所なのは確か。

 

ライターとして本気で生き残りたいならランサーズに張り付かず行動しなさい

ライターとして本気でやっていきたいなら、「うまい案件ないかなぁ〜」とランサーズに張り付かずに行動したらどうでしょう。

「面白いネタないかな?」

「何か仕事とに繋がるアイディアないかな?」

いろんなライターがいるけど。基本的にはライターの仕事は誰にも思いつかない切り口で記事を書けることじゃぁないのかな?

だってそうじゃないとそのライターが書く意味ないでしょう?

 

だったらネタ探しから始めたほうがいいよん。

ネットでのネタ探しは結局誰かの情報のコピーにしかなんないよ。つまらないねぇ・・・・・・。

 

1週間ランサーズやめてみよう。

んでなんかやろう。草野球とか。その結果をブログでもなんでもいいから記事化しよう。

そうするとちょっと変わって来るから。

 

本気でランサーズで稼げないと悩んでいる人がいたら参考にしてください。

 

あとよかったらこっそりとわたしに記事を見せてください。

面白かったらわたしから雑誌社や制作会社に紹介します。

心底仲間が欲しいと思っています。

 

 

ありがとうございました。まちかでした。