読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まちかです!よろしくおねがいします。

烏丸まちかと申します。20代です。思ったことを発信していきます。

【時は金なり】人・時間・金についてわかってるかい?【Time is money】

こんばんは。まちかです。よろしくお願いします。

 

714

 

わかる?

何かわかる?

 

フランス革命勃発の日!」

 

とか答えてくれる人は一緒に仕事しましょう。きっとうまくいきます。

そういう人待ってます。

 

いつも偉そうですみません。今回もすっごく偉そうです。

「うっさいこの若造!」って方はそっ閉じ推奨です。

 

日本国憲法並びに諸法律に反しない限りにおいて一人の人間を1時間使役するのに必要なお金

まぁ察しはついてると思うけど、日本の最低賃金(平成28年の最新データ)なのね。

714円。

地域別最低賃金の全国一覧 |厚生労働省

 

九州多いね。714円〜715円。

 

いわば714円持ってれば、日本国憲法に定められた基本的人権、並びに諸法律に反しない限り、九州のある2県で一人の人間を1時間自由に使役することができるの(平成28年版)。

これがお金と時間と人間の最低限度の関係な。これ覚えといて。

 

金持ちと靴

フランスの靴が好き。

今持ってる靴は3足しかないけど、全部5年以上は履いてる。

2つはフランス製の靴。フランスの靴は色気があって本当に好き。

毎日手入れして2年に1回くらいソール張り替えてずっと履いてる。一番長いのは8年くらい履いてる。

でもさ、良い靴って高いよね。

もちろんやっすい靴もあるけど、一般的にお金持ちはいい靴履いてるよね。

 

で本題。

じゃあ高級な靴を履くことによって金持ちは何を得てるの?

 

足元を飾るのは職人がかけた時間

高級な靴、例えばフランスの某高級靴

1足の靴を作るのに幾つ工程があるか知ってる?

140だって。デザインから型取り、素材の選定、その他諸々。140の工程。

日本のある職人が作る本格的なオーダー靴。何日かけるか知ってる?1足20日。

 

結局ね。

高級靴によって足元を飾ることは、職人のかけた時間によって足元を飾ることなのよ。

金持ちはその時間にお金を払ってるの。そのかけた時間が色気を生み出すから。

 

 

人間の時間をもらうにはお金がいる

人間の時間をもらうにはお金がいるのよ。

直接的に使役したければそれ相応のお金がいるのよ。

でも、ある人がかけた時間に対して払われるお金は、直接的に単純な使役を課すよりも高額になるのよ。一般的には。

 

1足30万とかするようなオーダー靴を作る職人さんの1時間を714円でもらえると思う?

どう考えても無理だよね?

 

なんで?

 

人間の経済活動、いや人間の経済的価値

人間をね、経済的価値の発生について分解するとね、

  • 肉体
  • スキル
  • 知識
  • 経験
  • 人脈
  • 思想

まぁざっくりこんくらいに分解できるのね。

このどれかに需要があればお金が生まれるのね。

機械的に切り分けるなら人間の経済的価値はこのどれをどの程度持ってるかで決まってしまうのね。

わたしはあんまり好きじゃないけど、資本主義社会なの。ここは。

 

肉体に関しては言うに及ばずだよね。

時給714円のコンビニバイトなら体一つでできるよね。他はなんもいらん。実際にコンビニの店員したことあるからわかる。なんもいらん。

基本的には肉体のみを求められる場合には、発生するお金はやっすい傾向にあるのね。

だって誰でも持ってるから。体は。

※肉体労働全般について言ってるんじゃいのは注意な。肉体労働にもスキル、経験かなり要するぞ。

 

手取り早くお金を手に入れたければ体売れば良いんよ?

そうでしょ?あなたが持ってるもの。間違いなく体。

 

※比喩表現だからね。身売りについて言ってるんじゃないよ。身売りは本当にやめたほうがいい。

 

テレビのコメンテーター

クッソおもんないテレビのコメンテーターとかさ。なんでテレビでとんやろとか思うやん。

あいつら何が売りやねん?

右でも左でもええけど、論壇とか言っとる連中ってなんか中身なさそうやんな。

右側から気色悪い強気な発言して現政権のポスターに使われとる某俳優とか、左側から訳知り顔で話しとる国内最高学府の某若手大学教授とか。

 

お前らほんまにそれに関する知識あるんか?って。

 

でもな、そいつらに知識とかスキルとか求めるんは間違ってるんよ。

彼らはな思想によって食ってるのよ。思想を経済的な価値。お金に変えとるんよ。

 

善し悪しは別にしてその人がそこまでの人生で形成した思想。

 

これは一番難しい道やねん。なんでかって言うと、その思想に共感できない人からしたらただの人やねん。パイが狭いねんな。

 

強制人脈製造機。それがリクルート

人脈は結構お金になる。人間80年。1秒に1人と会っても世界の全員と会うには200年かかるらしいし。

結局1人の人間が作れる人脈は限られとる。でもビジネスには人脈が必要。

少ないカードで勝負するより選択肢は広いほうがいいでしょ?

 

「こういう人と知り合いたい!」

に的確に答えることのできる人は儲ける。

 

それを組織的にやってんのがリクルートな。

 

人材紹介とか言ってサイトに登録したあなたの個人情報はリクルートが綺麗に自分たちの人脈に変えて必要としとる人の所に届ける。

これはあっぱれな商売だよね。恐れ入る。

今や自分たちで必死こいて営業かけんでも、思考停止した大学生が安心を求めて就活サイトに登録するやん。

リクルートもウハウハやね。

(個人的にはそんな人材に本当に必要とする力を持った人がいるとは思えんけど。)

 

人脈って言葉はどこかゲマインシャフト的響きがあるけど、資本主義社会での人脈にゲマインシャフトはもはや関係ないねん。

ゲゼルシャフト的でええねん。人脈は。

ビジネスの目的は金儲けなわけやから。

 

相談料は1万円

コンサルでも 弁護士でも相談料って高いよね。

なんでだろね。ただ1時間話を聞いてもらうだけで1万円とかザラやもんね。

「ボッタクリやん!」

「そんくらいわたしでもできる!」

 

でも、そんな簡単にできるわけないんだよね。

それ相応の経験や知識がないと。

優秀な経営コンサルタントは自分が経営について十分な知識や経験があるのね。

だからその人の時間を買うと言うことは、その人の経験や知識を身につけるのに必要な時間を買うってことなのね。

弁護士であれば今ならロースクールまで出て司法試験通ってるんよ。

だからかなりの時間を知識の獲得に当ててるの。

そりゃ相談料も1万円になるわね。

 

払いたくなかったら自分で知識身につければええやん。

相談料ってそう言うもんよね。

 

人の時間を買うとき、それはその時間までにその人がしてきたことすべてを上乗せした時間を買うんだと思っといてね。

 

ってことはね。

タダで手に入れることのできる人の時間はないの。

 

あなたの売り物はなんだ

じゃあ聞くけどさ。

あなたの売り物はなんなん?

何を売れるん?

何に需要が生まれるん?

何を誰が求めとるん?

その売り物にどれだけ時間かけたん?

2時間?

そんなんおあなたじゃなくても時間かけたら誰でもできるんちゃうの?

※ここで「2時間かけて書いた文章」とかそう言うことを考えた人は最初から読み直してな。ごめんな。

 

 時は金なり

もの、情報、コネクション、なんでもいい。

何かを買うってことはそれに付随するその作者、提供者の時間を買うってことなのね。

この感覚がないととんでもないことしちゃうのよ。色々。

 

特にさ、フリーランスでやっていきたかったらこの感覚は本当に重要なの。

 

ライターって文章書く仕事やし『論語』だけできればいいの?

違うの。「算盤」もできないとダメなの。

 

逆に言えばさ。

自分が人に何かを売る時。それはあなたのかけた時間を売ってるの。

あなたがダラダラ過ごした1日も含めてあなたの人生でかけてきた時間があなたの売り物の価値に変わってるの。

 

時は金なり。大嫌いな言葉だけど的を得ちゃってるよね。悲しいな。

 

 

 

ありがとうございました。まちかでした。

 

 

次回:「結局ね、才能の前に時間は無力」乞うご期待!

 

 

論語と算盤 (角川ソフィア文庫)

論語と算盤 (角川ソフィア文庫)